震災、、、その後

東日本大震災から早1週間が経過しました。
震災により被害にあわれた方々にはお見舞いを申し上げます。
そして、一日でも早い復興を心より願っております。

私のブログは食べ物がメインのものなので暫くの間
お休みしようかな、とも思いましたが、更新していないにも関わらず
毎日訪問してくださる方がいらしたり、また今回の震災で私自身が思うことも多くあるので
今の気持ちを忘れないよう横浜の状況も交え、備忘録として少しずつ綴ることにしました。
あまり面白くない内容になるかもしれませんが、何卒、宜しくお願いいたします。


c0191755_6444293.jpg


家にあるロウソクが減ってきてしまったので、サラダオイルを使って
簡単に出来るランプを作りました。
ご興味ある方はコチラ→

   *****

計画停電の実施や人身事故などの影響により交通機関が乱れに乱れた先週の横浜。
通勤が困難な状況でしたが、勤務先の“みなとみらい地区”は計画停電区域から
除外されていたので、集団登校の次男を見送ってから出社することにしました。

近所のスーパーは品薄状態だったので、まだまだ食べ盛りの子供達の食事や
ガソリン不足やら、夜の停電時での自宅の事などなど、家を空けることに対して
心配事は尽きないけれど、家の事は娘と近所に住む両親に任せて
私は私で気持ちを切り替えていくことにしました。
社内業務が滞ってしまわぬよう、微力ながら協力しなければ・・・

会社では、普段と変わらぬ冷静さが保たれた雰囲気に助けられ
自分も坦々と仕事ができたような気がします。
ただ、通常業務に加え今後の対策を練ったり、又その対応に追われたりと
普段から睡眠時間を削って仕事を頑張っているチームですが
これ以上の心労、身体の負担は気になります。

父さんと母さんの役割を、一人でこなさなければならない私にとっても
ちょっと辛い1週間でした。

、、、なんて、東北の方々の困難に比べたら、溢している暇ではないですね。


私が身を置いているのは、国際プロジェクトチームで
海外からは、お客さんを始め、海外支店の方、下請け業者
供給メーカーの方々が日本で仕事をしています。
今回の震災により、今週から一時帰国休暇を取得する方
プロジェクトチームから抜ける方が出始めました。
フィリピンから来日していた20代の女性で
同じフロアのMさんも、その一人。
お別れは、残念だけど仕方ない。他国へ来て、この状況では
きっと不安で仕方なかったでしょう・・・
最後に、「英語が上手くしゃべれなくて、あまりコミュニケーションが
取れなくてごめんね。」と、たどたどしい英語で伝えたら
「気にしないで。親切にしてくれてありがとう。
あなた方の安全と平和を祈ってます」って言ってくれました。
最後に握手をしたら、、、何だかウルウルときてしまいました。
[PR]
by gogomakiko1972 | 2011-03-20 07:08
<< 休校でした 非常食de晩御飯 >>